2012年05月21日

ペンダント完成


親戚から頼まれているダイヤのペンダントですが、
583161630.jpg
このように丸カンとバチカン(チェーンを通す金具)がつきました。
ダイヤなどの石を使う場合、カラット(石の重さ)を刻印しなければならないのですが、
刻印を打つスペースがなかったので、パイプの裏にプラチナ板を貼って打ちました。
こういう小物も作るので、地金も針金や板にして取っておくと便利です。
わかってはいるのですが…
いつも地金に困窮しているので「取っておく」がなかなかできていません(^^;)

DSCN1409.JPG
土台をすべて磨いて、ダイヤをセットします。
少しずつ爪をダイヤの方へ倒して、しっかりと石留めします。

DSCN1415.JPG
石留めでついた傷を磨いて完成。
あとはお客様に実物を見てもらって、プラチナのチェーンを通して完了です。

6本爪は初めて作りましたが、雰囲気がかわいらしくて良いですね。上品です。
婚約の記念品と言うことで作りましたが、こういったペンダントは普段使いもできますし、
お相手の方に喜んで頂けると良いなと思います。お幸せに〜!(^^)
posted by ハイドランジア at 20:39| Comment(0) | ジュエリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。